Column

女性のためのコラムをお届けします

女性の悩みに寄り添った、ダイエットに関する情報をご用意。
体形のお悩み解消をお手伝いします。

理想的なダイエットの目標体重とは?ダイエットジムで効果的に痩せるコツ

 

ダイエットをするとき、みなさんはきっと目標体重を決めるでしょう。しかし、その目標とする数字が、自分の理想とする体づくりに適した目標体重なのかどうかを判断するのは、難しいのではないでしょうか。

決められた期間のなかで効率よく痩せ、理想的な体型を実現するためには、適切な目標設定・効果的なダイエットジムの使い方をマスターすることが大切です。

そこで今回は、ダイエットの理想的な目標体重とダイエットジムで痩せるコツをご紹介します。

 

理想的なダイエットの目標って?

 

そもそも、ダイエットには”理想”といえる目標値はあるのでしょうか?

 

理想のダイエット目標数値は人それぞれ!

ダイエットをするときは、必ず何かしらの「変化」を求めて始めるでしょう。

例えば、代表的な変化として”見た目の変化“が挙げられます。「脚をもっと細くしたい」、「ウエストにくびれを作りたい」など、目に見える変化を目標とする人がいるでしょう。しかし一方で、見た目ではなく、とにかく”体重・体脂肪率の変化”を目標にする人もいます。または、体力の変化を求めてダイエットをする人もいるでしょう。

このように、ダイエットで目標とする変化は人によって違うため、目標としておくべき数字は一括りにすることができません。

 

モデル体型が理想とは限らない!?

テレビや雑誌で活躍するモデルや女優さんの体型を目標に、ダイエットを始める方は少なからずいるでしょう。スレンダーで引き締まったスタイルはかっこよくて憧れますよね。

ですが、モデル体型になろうと無理なダイエットをすると、大きなリスクが伴うことを覚えておかなくてはなりません。体重は減っても、上半身だけガリガリに痩せて下半身は太いままだったり、急激な体重減によって無月経になるなど、体調面でも悪影響を及ぼすことがあります。モデル体型を目標にすることが、必ずしも理想的であるとはいえないのです。

 

ボディバランスを整えることが重要!

理想的な体型を実現するためのポイントは、ボディラインの美しさを追求することです。体脂肪率・体重を単純に落とすのではなく、食事・運動・筋トレによってバランスよく体を引き締めることが大切です。全身の脂肪を落としながら、メリハリのあるボディラインをつくることができます。

 

あなたにぴったりな目標体重設定を!

 

 

ダイエットの目標設定をするうえで一つの指標になるのが、BMIです。BMIの数値を基準にすることで、自分が目指すべき目標体重がみえてきます。

 

BMIとはなにか?

自分の肥満度を測る基準として使われるのが、BMI(Body Mass Index<ボディ・マス・インデックス>)です。これは、身長と体重の関係から算出されるもので、最も病気になりにくい数値を算出するための国際的な計算方法です。

BMIの計算式は、『BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗』です。

日本では、18.5未満の場合は「低体重」、18.5~25の場合は「普通体重」、25~の場合は「肥満」とされています。

 

ダイエットには4つの目標体重がある?

ダイエットでは、健康を目的としたダイエットのほかに、美容目的でダイエットの実現を目指す方もいるでしょう。こうした美容目的のケースも含めたダイエットの目標値として、ダイエットには4つの基準があります。

 

●健康体重

健康体重とは、BMI=22の体重です。統計上もっとも病気になりにくいとされる数値で、健康的に生活ができる理想的な体重とされています。

健康体重を求める計算式は、『健康体重=身長(m)×身長(m)×22』です。見た目は、美容体重に比べると肉付きがしっかりしています。とはいえ、骨格や筋肉は人によって異なるため、あくまで参考として考えておきましょう。

 

●美容体重

美容体重とは、BMI=20の体重です。若干痩せ気味に見える数値ですが、健康を維持しながらボディラインがすっきりと見える体重とされています。

美容体重を求める計算式は、『美容体重=身長(m)×身長(m)×20』です。美容目的でダイエットをしており、程よく痩せたいという方はこの美容体重を目標にするのがおすすめです。

 

●シンデレラ体重

シンデレラ体重とは、BMI=18の体重です。見た目が、「痩せている」「華奢だ」という印象をもたれる数値で、太ももの間に隙間ができるほどといわれています。

シンデレラ体重を求める計算式は、『シンデレラ体重=身長(m)×身長(m)×18』です。シンデレラ体重になると、標準体重−10kg程度の数値になるため、人によっては健康上あまりよくないケースもでてきます。

 

●モデル体重

モデル体重とは、BMI=17の体重です。シンデレラ体重と比べるとBMI自体は1しか変わりませんが、見た目では大きな違いがでて、「痩せすぎ」という印象をもたれる数値といわれています。

 

モデル体重を求める計算式は、『モデル体重=身長(m)×身長(m)×17』です。モデル体重を目標にしていきなり何十kgも痩せると、健康被害がでる可能性が高くなります。モデル体重を目指す場合は、とくに健康に気を配りながらダイエットをすることが大切です。

 

ダイエットジムを効果的に使うために

 

 

ダイエットジムは、短期間でのダイエット実現を目的としたジムのことです。スポーツジムのように、筋肉を増強することを目的とした人のためのジムとは異なります。ダイエットに特化したジムだからこそ、ダイエットジムは効率的に痩せることができる場所といえるのです。

ダイエットジムを使って短期間でダイエットを叶えるためには、下記の3つのポイントを押さえておきましょう。

 

通う頻度を決める

ダイエットジムに毎日通わなくては効果がでないと考える方もいますが、逆にジムでトレーニングをしすぎると筋肉への負担が大きく、うまくダイエットできません。

ダイエットジムでの一般的なトレーニング頻度は、週1~2回です。生活リズムは人それぞれなので、どのタイミングで通うかはパーソナルトレーナーと相談しましょう。

 

どんなトレーニングをするか決める

人によって体型、目標、生活リズムは違います。そのため、効果的なトレーニング方法は一人ひとり異なります。パーソナルトレーナーに相談をしながら、どんなトレーニングマシーンを、どれくらいの負荷で、どのくらいの時間行うのか決めましょう。

 

栄養バランスのとれた食事を摂る

ダイエットジムでトレーニングをするだけでは、結果を出すことはできません。むしろ、トレーニング以外の時間をどう過ごすかが、ダイエットの効果を左右します。とくに食事は体重の増減に直接関わる要素であるため、徹底した日々の管理が大切です。パーソナルトレーナーから、栄養バランスのとれた食事のアドバイスを受けましょう。

 

ダイエットジム「リボーンマイセルフ」が選ばれるワケ

 

ダイエットジム「リボーンマイセルフ」は、女性のためのダイエットジムとして多くの女性たちの”痩せたい!”を叶えるサポートをしています。

女性の体を熟知した経験豊富な女性トレーナーたちが、お一人おひとりの骨格・筋肉・目標・生活習慣に合わせた特別プログラムを提案。効率的に痩せられるだけでなく、専門的なダイエット知識を習得することができます。産後ダイエットやブライダルダイエットなど、女性ならではのダイエットにも人気です。

リボーンマイセルフでは、ベースのダイエットコースをはじめ、部分痩せコースもご用意。みなさまのご要望に沿ったコースをお選びいただけます。

ダイエットジムで短期間のうちに効率的に痩せたいという方は、ぜひ一度リボーンマイセルフの無料カウンセリング・体験へお越しください。